中古車 オークション

2種類の中古車オークション

自動車の中古車に関するオークションというものには2つのものがあります。

1つは大手ポータルサイトなどが開催している個人も気軽に利用できるネットオークションというもの、そしてもう1つは、中古車販売店や買取専門店などその道のプロばかりが集まって行われる中古車オートオークションというものです。

ネットオークションは、家で不要になったものや自分で作ったものを出品するのと同じように車も出品するもので、簡単な手続きで誰でも参加することができるものですが、中古車オートオークションは、オークションによって多少違いはありますが、固定された店舗を持つこと、一年以上営業していること、売買実績があることという厳しい基準と書類審査をへた業者のみが参加できるものであって、素人が気軽に参加できるというものではありません。

確かに、中古車を売買することによってそれを生業としている方に交じって、ド素人が参加してしまっては迷惑以外の何物でもありません。

最近の中古車のほとんどものがこの中古車オートオークションを経て販売されるようになり、中古車業界の1つの大きな市場となっているのです。

このように同じオークションでも全く違うものが2つあるのです。

オークションで売るより一括査定が高い理由

今乗っている車が必要なくなった、あるいは新しい車を購入するから今の車を買取ってほしいという場合、今まであれば新車ディーラーに下取りとして買い取ってもらうか、買取専門店や中古車店などに直接足を運んでいかなければならないかったのですが、ここ最近はインターネットの普及と共に新たな方向性のというのが出てきました。それはオークションです。

オークションといっても中古車販売店などが参加するオークションではなく、素人が気軽に参加できるネットオークションというもので、メールアドレスと銀行口座、クレジットカードなどあれば誰もが参加できて誰もが売買することができるようになりました。

オークションで売買するという事はいわゆる個人売買という事で手続きが面倒だったり、トラブルとなったりといろいろ問題が多いのも事実です。

しかし、中間マージンを省くことができるので、売る側としては売りたい金額で売り、買う側では買いたい金額で買うことができるのです。

とはいってもオークションというものは、そもそも通常よりも安くものを買いたいという方が集まっているので、それが妥当な金額であっても高い金額ではなかなか入札されず、入札があったとしても一番低い状態で落札という事がほとんどなのです。

だいたいオークションの最初の価格なんてものは上がることを想定して低めに設定するものですので、それで落とされてしまっては身も蓋もありません。

オークションはある意味冒険であって安定して高価買取という事にはならないものと思いましょう。

そのような流動的なものではなく、確実に高価買取を狙うのであれば、インターネット上にたくさんある一括査定サイトで仮査定をして、そこに参加している買取業者で買い取ってもらったほうが安定して高価買取となるでしょう。

 

サイトマップ

輸入車買取車売値